東京 引越し 費用

MENU

東京の引越し 価格の安い業者を見つける唯一の方法はコレ!

引越しにおいて近距離と長距離は、どのくらいが境となるのでしょうか。

 

有名な日通の単身用の引越しパックをみると、近距離とはおよその作業時間が4時間以内で移動距離が30キロメートルまでとされています。

 

東京都内であればおおよそがこの近距離の引越しの範囲以内となるでしょう。また、他道府県間との引越しなら神奈川県の横浜市、川崎市、埼玉県、千葉県の近県も近距離の範囲で収まります。

 

ただし距離的には近距離であっても、上記のように東京ー川崎市や横浜市のような他県との引越しの場合には扱いが違うという業者もありますので確認が必要となります。

 

業者に引越しを頼む場合には、東京都内でもあるいは他県間との引越しであっても単身、家族に限らず荷物の見積もりが必要です。もちろん必ずしも訪問見積もりが必要ということではなくメールや電話で済ませることも可能です。

 

>>>東京の単身引越しはこちらのページをごらんください

 

大家族の場合には荷物量が多いですから、出来るだけ訪問見積もりをしてもらった方が良いと思いますが、荷物が少ない単身者でワンルームのような場合には電話程度で済ませてしまうことが可能です。

 

>>>東京都内の引越しなら、こちらのページをご覧ください

東京の引越しならどこの業者が良い?

テレビでよくCMを観る大手の引越し会社にコチラから電話をして依頼するのは、オススメできません。なぜならば引越し料金に定価というものがないからです。どのくらいの金額が見積もられるのかわかりません。また普通のご家庭であれば、それほど頻繁に引越しなどする機会はないのが普通ですから、提示された見積もり金額を聞いた時に妥当な金額かどうかを判断することが非常に難しいのではないかと思います。

 

このような理由から、東京の引っ越しが決まったら、まずは予定日の見積もりをできるだけたくさん取ることが大切です。そうすることによってだいたいの料金の目安感が分かりますし、それをもとに気に入った会社との価格交渉もできるようになるものです。少なくとも、馬鹿高い業者に頼んで損しちゃった!、ということがなくなるはずです。

 

東京と他都市間の引越しなら各ページをごらんください

 

−札幌市間  −仙台市間  −埼玉県間  −神奈川県間

−名古屋市間  −大阪府間  −広島県間  −福岡県間

 

東京の引越しでチョット戸惑ったこと

東京へ地方から引越しを予定している方もいらっしゃると思います。これから新居を探すという方への注意点を書きたいと思います。

 

東京の敷金・礼金・契約更新がお住まいの地域とちょっと習慣が違う場合があります。たとえば札幌などでは敷金が1ヶ月分で礼金なし、契約更新なしなのが一般的だそうです。ところが東京では敷金2ヶ月分、礼金(不要の不動産、大家もあります)、契約更新(2年に一度程度で更新料が発生します)が一般的です。住んでいる不動産の習慣が違うと、かなり面食らうことになりますので心構えが必要です。

 

 

最近、地方から東京に引越しをしたので、引越しの重要ポイントを整理してみました。

 

まず引越し準備段階次に引越し本番そして引っ越し後の片付けで終了しますが、最後に電気・ガス・水道等の引越しが残ります。

 

さてまず準備についてですが、ここで重要なことは、まず引越しスケジュールそして業者発注にするのか、自己で単独引越しを試みるかによりますが、スケジュールは大抵同じことになると思います。いつまでに荷造りをしていつ業者なり運ぶためのレンタカーを準備するかということです。

 

このとき荷姿のサイズと個数と大物をどうするかを考えておくことになります。特に大物は、業者引越しでない場合は友人や知人にヘルプを頼むこととなることを頭に置いておくことが重要です。スケジュールどおり荷姿を造り取り出す順番に合わせて置いて行きます。そしてその荷物に中の物が何かを記載しておきましょう、これはとても効果があります。

 

そして引越し当日はスケジュールにあわせて積み込みを行って引越し作業をします。業者発注なら新居先に先に入り、荷物の置く場所を業者に説明できるようにします。単身引越しなら、荷物と一緒に引越し先にくることになりますね。そして最後にライフラインの引越しを電話を中心に行うことでその日から利用可能です。引越しの重要ポイントは、正に段取りがすべてを決定します。

 

しかし最初の準備段階が綺麗に整理されていると実際の引越しは力労働のみになるのではっきり言うと楽かも知れません。よく引越し貧乏と言う言葉を聞きますが、これは引越しの重要ポイントを理解していないことが多々あるのではないかと感じてしまいます。

 

引越し予定日が決まればいよいよ荷造りですが、、

引越し作業において最も面倒なのは荷造りですよね。一人暮らしの時は引越しの前日に勢いに任せて行うこともできましたが家族を持つとそんな簡単な訳にはゆきません。また大きなお家に住んでいる方以外なら荷造り準備のダンボールの山によって夜に寝る場所がなくなったなんてことも冗談抜きであることです。

忙しくて荷造りをする準備が出来ないという方はちょっと費用は掛かりますが引越し業者が荷造りをしてくれるというプランの利用も検討してみてください。私は一度これを利用してからというもの荷造りを業者がしてくれるサービスを利用するようになりました。

 

引越し費用を安くする方法はなるだけ自分で荷物を運ぶことです。引越しには様々な作業が伴いますが、それらの作業のうち自分で行う部分が多ければ多いほど、基本的にはコストが低くなります。一番高い引越しは荷物の梱包から部屋の掃除、そして荷物の輸送から、搬入と新居での物の配置、整理までを業者に頼んでやってもらうことです。荷物を運ぶだけならば、その他のサービスをつけた場合よりも安い場合が多いですし、自分でレンタカーを借りて引越すのも、引越し費用を安くする方法のひとつです。

 

大きな荷物がなく、都内の近隣の建物へ引越す場合、月末に引越せば、少しずつ荷物を運べる場合もあります。例えば契約上10月1日からの入居ということになっていても、運が良ければ9月25日以降は家賃なしでいつでも住み始めて構わない、となる場合もあるからです。

 

この場合、自動車を使って一度に荷物を搬入しなくても、自分で少しずつ荷物を運び入れて引越しを完了させることも可能になります。遠方への引越しはかなりの料金が取られるのが普通です。まずはできるだけ捨てられる物は捨てていきましょう。リサイクルショップなどを利用して、まだ使える物は買い取ってもらえば多少のお金になることもあります。また、小包を使って、宅配業者を利用するのも引越し費用を安くする方法のひとつです。小包といってもかなり大きいものまで扱ってくれますし、個数が多ければ割引料金で引き受けてくれることもあります。荷物は電話をすれば車で集荷に来てくれます。

 

一人暮らしの人の引越しの場合は都内の同区内などの近距離の場合には赤帽を使うという方法もあります。ただ基本的に赤帽は運送業者ですので作業員というのはドライバーのおじちゃん(大抵は)ひとりとなりますが、あくまでもお手伝いと考えておいた方が良いかもしれません。荷物を運んだりするのはあくまであなたが主体だという意識を持っていないと大変なことになるかもしれません。大きな家具や家電など生活材が揃っている人は専門の引越し業者に頼んだほうがコストパフォーマンスが良いのは間違いありません。一人暮らし専門業者や単身パックなどのサービスも充実していますので見積もりを取り寄せて検討してみても良いと思います。そうすることによって引越し代が一万円というかなり安い費用で済ますことも可能になってきますので。

 

東京に引越してきて半年が経ちます。社会人になり職場に近い場所にしたのです。引越しとは人生の分岐点だと思います。良くするのも悪くするのも自分次第だと思います。私は良くなる方でした。引越しすることのメリットの一つとして、新しい環境にワクワクドキドキすることがあげられます。知らない環境は不安も心配もあると思いますが、やはり楽しいですよね。とくに私の場合一人暮らしだったので自分の新しい城を持てた気になりました。新しい家ではまず、どんなレイアウトにするか考えます。自分の所有物を見直すチャンスです。これも引越しのメリットですね。

 

できるだけ引越しの荷物は少なくしたいので、いらないものはこの機会に捨ててしまいましょう。私も使わない服や靴、バッグなどを捨てました。思い切ってベッドも捨てました。仕事の疲れを癒すためには良い睡眠をとらなくてはと思ったからです。新しいベッドを自分の好みに合わせた柔らかさや手触りのものを選びました。そして、新しい電化製品も買いましたね。

 

最近では新しい電化製品がすぐに発売されます。新しい環境になるのだから、その部屋に合うものを買いました。もちろん、ずっと使ってきたこたつ机など、自分の気に入ったものはそのまま使っています。私は引越しするときにキッチンの造りを気にしました。コンロは2口あるか、水回りとコンロの間にまな板を置けるスペースはあるかも重要なポイントでした。実は引っ越すまで料理はまったくしませんでした。ですが、この家になってからせっかくキッチンがキレイなんだから料理をしようと思うようになりました。

 

こうした心情の変化を生むのも引越しのメリットだと思います。引越しのメリットはひとそれぞれ違うと思います。是非みなさんも引越してみて自分で感じてみてください。費用が気がかり?そんな時には見積もり比較サービスを使って東京都内の安い業者を見つけて節約をはかりましょう。