引越し荷造り 注意点

MENU

引越しで避けられない荷造り その注意点とは

引越しで最も面倒なのが荷造りという方も多いと思います。引越しするたびに憂鬱な作業の一つですよね。

ダンボール

引越しのために、荷造をしているという方もいると思います。荷造り作業は、なかなか手間がかかって進まないという方も多いでしょう。当日、焦ることのない様に、出来るだけ早いうちから準備しておくことが理想といえます。

 

では、この荷造の際の注意点のひとつ、ダンボールについてご紹介しましょう。荷造の際には、ダンボールは欠かせないですよね。引越し業者を利用する場合には、業者からダンボールはある程度の数は用意されると思います。まず、このダンボールは組み立て方も大切。底を、しっかりと固定していなければ、運んでいる最中に壊れてしまう可能性があります。そのため、しっかりとバムテープで十字に止めるようにしましょう。そして、荷物を詰める際には、重い荷物の場合には、小さ目のダンボールに詰めることも大切。

 

 

「一気に運べた方が、楽だろう」と思い、重い荷物にも関わらず、大きなダンボールに詰めてしまう方もいますが、重いダンボールは作業が行いにくくなってしまいます。重い荷物は、小さ目のダンボールに入れる。軽い荷物は、大き目のダンボールに詰めていきましょう。特に、CDや本などは、かなり重くなってきますので、小さ目のダンボールを選ぶようにしましょう。更に、ダンボールの中でガチャガチャと動かない様にすることも大切。ダンボールの中で動いてしまえば、壊れてしまったりする可能性もあります。新聞紙を入れるなどして、中の荷物が動かない様に工夫をしていきましょう。

 

冷蔵庫

引越しを控えている方は、今から梱包作業をしているという方もいるでしょう。「荷物は、少ない」と思っている方でも、実際に作業を始めると「意外に手間がかかるな」と思っていると思います。生活をしていくためには、やはり様々なものが必要となりますから、荷物も増えてしまいますよね。

 

 

 

では、そんな生活に欠かせない物のひとつ、冷蔵庫の注意点についてご紹介しましょう。引越し前日に、忘れてはいけないのは冷蔵庫の水抜き。冷凍庫なども、前日までには空の状態にし、氷なども捨てて置く必要があります。前日には、コンセントを抜いておくことも必要となりますので、食品などの管理も考えて置くようにしましょう。

 

 

今は、霜取り機能がついている冷蔵庫が増えていますが、霜取り機能がない場合には、霜取り作業も必要となってきます。冷凍庫部分に、霜がある場合には、前日までに霜を取るようにしましょう。霜が多くて間に合わないという方は、一度ドライヤーなどを使って溶かすのもひとつの方法。「うちの冷蔵庫って、霜取りは必要なのかなぁ」という方は、一度冷蔵庫の説明書などを見てチェックしてみましょう。霜取り機能がついていれば、前日にコンセントを抜いておくだけで大丈夫ですよ。

 

 

 

このように、引越しを行う際には冷蔵庫は前日までにコンセントを抜き、水向きをしておく必要があります。「どう対応したら良いか、分からない」という方は、引越し業者が見積りや打ち合わせに来た際に、前日までに行うことを確認しておくと良いですよ。

 

洗濯機

引越しを控えているという方は、今から準備に追われているという方もいると思います。引越しというと、やはり当日までに準備することがたくさんありますから、出来るだけはやいうちに準備をしておきたいものですよね。

 

 

では、引越しの荷造の際に注意が必要な洗濯機について、ご紹介しましょう。洗濯機というと、「ホースさえはずせば、大丈夫では?」と思っている方もいると思いますが、実は洗濯機も、水を抜いておく必要があります。出来れば、前日には中は空にし、コンセント、ホースをはずして、水抜きを行っておくようにしましょう。

 

 

今は、洗濯機にこの水抜き機能がついているものもあります。水抜きの方法が分からないという方は、一度説明書などを見て確認しておくようにしましょう。水抜きを行っていないと、引越しの途中で荷物が濡れてしまう可能性がありますので、十分注意が必要となります。また、引越し先での洗濯機の設置場所のチェックも、あらかじめ行っておきましょう。まずは、サイズをはかり、きちんと設置出来るか確認する必要があります。また、マンションの場合には、排水が真下についているものもあれば、横についているものもあります。場所によっては、今の洗濯機のホースのままでは使用出来ないこともありますので、排水口の場所なども確認しておくと、引越し後もすぐに洗濯が出来るようになりますよ。

 

 

このように、引越しで洗濯機を動かす場合には、水抜き作業が必要となりますので、忘れずに行いましょう。

 

ストーブ

引越し準備をしているという方の中には、早くから荷造をはじめているという方もいると思います。荷物が多い方や、ご家族が多い方、仕事をしながらという方は、出来るだけ早いうちから、準備しておいた方が安心ですからね。

 

 

 

では、この荷造の際の注意点のひとつ、ストーブについてご紹介しましょう。冬い時期には、石油ストーブや石油のヒーターなどを使っているという方も多いと思います。そんな方は、そのストーブの中に石油は残っていませんか。シーズンではないという方の中には、「石油が入ったまま」という方もいると思います。また、「石油のタンクに石油が入っている」という方もいるのではないでしょうか。実は、引越し業者では、こういった石油などの危険物を運ぶことは出来ません。そのため、ストーブも業者に運んでほしいという方の場合には、ストーブやタンクの中は空にしておく必要があります。「でも、入っているからどうしようもない」という方もいますよね。そんな方は、ガソリンスタンドなどで処分してもらうようにしましょう。これは、安全な引越し作業を行っていくためには、守らなくてはいけないこととなりますので、引越しまでには空にしておくようにしましょう。

 

 

 

このように、石油ストーブなども業者に運んでもらうには、注意が必要となります。これは、「知らなかった」という方も多いと思いますが、事前に知っておけば当日までには対応出来ることでもありますので、しっかりと処分するようにしましょう。

 

パソコン

引越しをしようと考えている方の中には、パソコンも業者に頼もうと考えている方がいると思います。デスクトップのパソコンの場合には、車がなければなかなか自分で運ぶのは難しいですからね。

 

 

では、このパソコンを運ぶ際の注意点をご紹介しましょう。まず、こういったパソコンを業者にも運んでもらう場合には、データーなどをしっかりとバックアップ取っておく必要があります。それは、万が一、引越しの際に衝撃などにより、データーなどがなくなってしまっても、引越し業者では何も対応は出来ない為。パソコンの中には、大切なデーターがたくさん入っているでしょうから、後々トラブルとならないためにも、事前にバックアップをしておくようにしましょう。また、今は業者では、パソコン専用の梱包サービスを行っているところもあります。「パソコンに詳しくない」という方の場合には、「線をはずしてしまったら、分からなくなる」という方、「パソコンを運んでもらっても大丈夫だろうか」と心配に思っている方もいると思います。そんな方は、引越しの見積りの際や打ち合わせの際に、パソコンについて相談してみましょう。パソコンを購入した際に入っていた箱がそのまま残っているという方は、その箱に入れた方がより安全に梱包することが出来ますよ。

 

 

このように、引越しの際にパソコンも一緒に業者にお願いするという場合には、様々な注意点がありますので、あらかじめ頭に入れて置くようにしましょう。

 

本・CD

これから引越しを予定しているという方の中には、「趣味が、読書」という方や、「趣味は、音楽鑑賞」という方もいると思います。そんな方は、かなりの数の本やCDを持っているのではないでしょうか。

 

では、この本やCDの荷造の注意点をご紹介しましょう。本というと、ひもなどで結ぶというイメージがある方も多いと思います。確かに、結んでしまった方が、ダンボールを使うこともありませんし、気軽に荷造が出来ますよね。でも、業者に依頼する場合には、このひもで結ぶというのは、とても運びずらい状態となります。そのため、出来れば小さ目の箱に詰めていくことが理想。「ひとつのダンボールに、たくさん入れた方が一気に運べるのでは?」と思いがちですが、本は1冊でも重みがありますよね。何十冊となれば、かなりの重さになりますので、運ぶ際にとても苦労してしまいます。そのため、本は小さ目のダンボールに詰めていく様にしましょう。また、CDも同じように小さ目のダンボールに詰めることがポイント。「CDは、そんなに重くないのでは?」と思う方も多いと思いますが、実はCDは枚数が増えるとかなりの重量になるんですよ。中には、紙袋などに詰める方もいますが、紙袋は業やのトラックなどに積む際に、積みにくくなってしまいます。出来るだけ、ダンボールを使って梱包を行う様にしましょう。

 

 

 

このように、本やCDなどは、小さな目のダンボールに詰めることがポイントとなりますので、たくさんのCDや本があるという方は、小さ目のダンボールを大目に準備しておきましょう。

 

こわれもの

荷造をしているという方の中には、「そろそろ、食器棚も片付けなくては…」と思っている方もいると思います。普段、生活をしながら荷造をしていくと、ギリギリまで使う食器などは、ギリギリの梱包作業となりますよね。

 

 

 

では、こういったこわれものの荷造の注意点をご紹介しましょう。食器などの場合には、エアーパッキンや新聞などを使って、ひとつひとつ包んでいくと思います。そして、包んだ食器をダンボールに詰める際には、コップやお皿は立てた状態で詰めることが大切。コップは、逆さにした状態で詰めることがポイントとなります。そして、ダンボールがいっぱいになったら、食器が動かない様に新聞紙などを詰めていくことも大切。この時、新聞紙ではなく、タオルなどの柔らかいものも活用することが出来ますよ。そうすれば、荷物もまとめることが出来ますから、一石二鳥ですよね。また、今では食器などを運ぶ際、エコパックなどの資材を貸出ししてくれる業者もあります。こういったものを利用すれば、エアーパッキンや新聞紙などを使う必要もありませんし、いちいち包む手間も省けますから便利ですよね。引越し業者が決まっている方は、こういった資材などが借りられるのか、確認しておくと良いかもしれませんね。

 

 

 

このように、こわれものを荷造する際には、ダンボールに詰める方法や動かない様にする工夫なども必要となります。エコのためにも、手間を省くためにも、一番は業者からエコパックを借りることが理想的かもしれませんね。

 

 

 

引越し荷造りの注意点@東京の都内、近距離、長距離の引越しで安い業者を探すにはコレ!関連ページ

荷造りのコツ
災害が少ないところへ引越したい