引越し 荷造り コツ

MENU

荷造りを上手くやれば引越しはスムーズに運びます!

引越しのために、荷造をしようと考えている方もいると思います。やはり、荷造というのは大変な作業ですよね。しかし、引越しを無事に済ませるためには、避けては通れません。では、引越しの荷造を行う際のコツのひとつ、荷造の手順からご紹介しましょう。

荷造の手順

普段の生活をしながら、荷造をしようとすると、なかなか大変なものですよね。部屋が狭いという方の場合には、引越しまでの生活が出来なくなってしまうという方もいるでしょう。まずは、荷造を行う際には、普段使わない物からダンボールに詰めていくことがポイントとなります。例えば、洋服などの場合には、季節がら、使わないものなどから詰めていくと良いですよ。また、押入れなどの荷物から詰めていくのもポイント。押し入れには、普段使わないようなものもたくさん入っていますからね。

 

その際、使わない物などは、処分するようにしましょう。また、荷造りというと、「とにかく、どんどん詰めていこう」と思ってしまいますが、まだ引越しまで日にちがある場合には、引越し当日まで使うものもたくさんあります。タオルや下着、パジャマなども全て詰めてしまわないように気をつけましょう。更に、貴重品などダンボールに詰めず、紙袋や鞄などに入れて自分で管理することが大切。貴重品は、ひとつにまとめてすぐに持っていけるような状態にしておきましょう。

 

 

このように、荷造りをする際には、まずは普段使っていないものから詰めていくことがポイントとなりますので、こちらを参考に荷造を進めてみてくださいね。

不用品をどうするか

引越しを控えている方の中には、「荷造が苦手」と、思っている方も多いと思います。引越しというと、何度も行う方は少ないですから、慣れていないという方も多いですよね。そんな方は、特に「何から始めたら良いのだろう?」と思っていると思います。

 

 

では、引越しの荷造りを行う際のコツのひとつ、不用品についてご紹介しましょう。普段から、「荷物が多いなぁ」と思っている方もいると思います。そんな方は、特にこの機会に、不用品を整理してみましょう。今使っていないにも関わらず、「もったいない」「いつか、また使うかも」という理由から、捨てられずにいる方も多いと思います。確かに、もったいないという気持ちは大切ですが、使わない物を取っておくのは、スペースのムダになってしまいますし、キリがなくなってしまいます。

 

1年使わなかったものは、不用品と割り切って、この際処分してしまいましょう。中には、洋服や雑貨、食器などもあると思います。こういった不用品は、リサイクルショップなどで売ることも出来ますからね。たくさん処分する物がある場合には、処分に料金がかかってしまうこともありますから、出来るだけリサイクルショップなどに持って行くようにしましょう。こうして整理すれば、引越先はすっきりとしますし、何よりも引越し料金を抑えることも出来ますからね。

 

 

「荷物が多いなぁ」と思っている方は特に、引越しを機会に整理してみましょう。きっと、自分で思っているよりも、不要なものというのはたくさんあるはずですよ。

詰めたダンボール

引越し準備で、今荷造をしているという方も、いるかもしれませんね。荷造の作業は、本当に大変なもの。「いつの間に、こんなに荷物が増えたのだろう?」と、思う方もいるのではないでしょうか。家族が増えたという方は、自然と荷物も増えているでしょう。

 

 

では、この荷造のコツのひとつ、詰めたダンボールについてご紹介しましょう。まず、ダンボールに詰める際には、同じ場所にあるものを、同じダンボールに詰めていくことが大切。「まだ、入るスペースがあるから」と、他の部屋の小物などを入れてしまいがちですが、そんな風に荷物を入れてしまうと、引越し先で探してしまうことになります。そうならないためには、同じ場所、同じ部屋のものは、同じダンボールに詰めていくことが、大切となります。荷造は、荷物を運ぶために行うものとなりますが、当然引越先では、また荷物を片付ける作業が待っています。適当に詰めていくと、片付け作業に支障が出てしまいますので、出来るだけ同じダンボールに詰める様にしましょう。また、そのダンボールには誰の何が入っているかも書いておくと便利ですよ。更に、どの部屋の荷物かも書いておくと、当日引越先でスタッフが確認することもありませんので、スムーズに引越し作業が行えますよ。

 

 

このように、荷造の際には同じダンボールを使って詰めていくこと。外側に、何が入っているのか、どこの部屋の荷物が入っているかなどを書いておくと、スムーズに進めることが出来ますので、ぜひ参考にしてくださいね。

貴重品

引越しを控えている方の中には、引越し業者に依頼しているという方もいると思います。荷物が多い方や、家族での引越しの場合には、やはり自分たちだけでは難しいですからね。スムーズに作業を行うためにも、業者の方に頼むと楽でしょう。

 

 

しかし、そんな方の中には「貴重品は、どうしたら良いのだろう?」と思っている方もいると思います。貴重品に関しては、引越し業者に頼むのではなく、自分たちで管理、運ぶようにしましょう。万が一、貴重品を運んでもらい、紛失や壊れてしまったなどの被害となった場合、引越し業者では、何も対応を行うことは出来ません。貴重品に関しては、保障対象外となってしまうため。そのため貴重品などは、自分たちで運ぶ必要があります。また、ペットを飼っているという方も、ペットは自分たちで運ぶ必要があります。動物に関しては、引越し業者では輸送を行っていません。中には、オプションとしてそういったサービスを行っているところもありますので、ペットも運んでほしいという方の場合には、見積りなどを取る際に、業者に確認してみましょう。

 

 

 

更に、貴重品として自分で運ぶのが難しい骨董品などの場合には、宅配便などの貴重品輸送サービスというものを使う様にしましょう。こういったサービスは、引越し業者でも行っているところもある様。自分で運べない貴重品がある方も、一度業者に確認した方が良さそうですね。

 

このように、引越しの際の貴重品は一般的には、自分で運ぶ必要があります。

部屋によって

ご家族が多いご家庭の引越しは、荷造作業も大変だと思います。ご家族の数だけ、部屋数があるというご家庭の場合には、ダンボールの数もかなりの量となってくるでしょう。そのため、大量のダンボールとなってしまった場合には、引越先での作業に支障が出てしまう可能性があります。色々な部屋に、それぞれのダンボールが運ばれてしまっては、荷解きなども大変な作業となってしまいますよね。

 

 

 

では、そういった部屋数が多いご家庭の荷造りのコツをご紹介しましょう。引越し先が決まっているということは、既に引越し先の間取り図があると思います。まずは、その間取り図に、部屋ごとに番号をふっていきましょう。そして、そのふられた番号を、詰めたダンボールに書いていきましょう。そうすれば、引越し先での荷物の搬入はスムーズに行えますよね。引越し当日は、その間取り図を引越しスタッフの方に渡しておきましょう。「ふられた番号が、ダンボールに書いていますので、この番号で部屋に荷物を入れてください」と伝えましょう。そうすれば、当日引越先で、「これは、寝室」なんて指示をしなくても済みますからね。

 

 

 

このように、ご家族が多いご家庭の荷造の場合には、引越し先でどの部屋に荷物を運ぶのかも分かりやすくしておくと、作業がスムーズに進められますよ。当然、部屋ごとに荷物が運ばれていれば、荷解き作業もスムーズに進められることが出来ます。ご家族が多いご家庭は、ぜひ試してくださいね。

まさに引越しの達人!荷造りが上手くなるコツとは?@東京の都内、近距離、長距離の引越しで安い業者を探すにはコレ!関連ページ

荷造りの注意点
災害が少ないところへ引越したい