東京 大阪 引越し費用見積もり

MENU

東京⇔大阪間の引越し 格安業者が分かる方法がコレなんです

大阪東京間の引っ越しというのはよくあることですよね。これから引っ越しを考えているという人も多いのではないでしょうか。そこで、まず知っておかなければならないことといえばやはりどの程度の料金がかかるかということになると思います。ある程度相場を知っておかなければ引っ越しをするといっても難しいですよね。引っ越し料金というのは高くかかるというイメージが強いですが。実はそんなことはないのです。安く済ませる方法もしっかりと存在しています。

東京⇔大阪間の料金相場はどのくらいなのか?

引っ越し料金の相場というのは暮らしている人数によっても変わってきます。

 

たとえば単身の場合というのは東京大阪間ならば10万円前後で済んでしまうことが多いのです。一人暮らしでも荷物の量によっても変わってくるものですが、それほど高くないので安心ですよね。

 

家族で引っ越しをするという場合には高くなります。最低でも15万円程度は必要なるでしょうし、不用品などをしっかりと整理しなければ20万円以上の費用が普通に掛かってしまいます。

東京⇔大阪間の引越しを安く済ませるならば?

より安く引っ越しをしたいと思うならば業者をしっかりと選ぶようにしましょう。引っ越し業者によって価格というのは大きく変動するものです。なので、まずはどういった業者がどのくらいの価格で行ってくれるのかということを知ることが大事なのです。

 

引越し業者の東京−大阪間の引越しは宅急便の大型版のような単身パック以外は、料金がいくらかは分からないのです。ですので一括見積もりサイトを利用して複数業者の見積もり依頼をして実際に見比べてみることが必要になります。


 

 

 

 

 

東京⇔大阪間の引越しにはどのような手段がある?

混載便とチャーター便

具体的な引越しの仕方にはいろいろありますが、「混載便」あるいは「チャーター便」を利用するという手もあります。混載便というのは、多くの世帯の荷物をまとめてトラックやコンテナなどで引越しの手法です。では、「混載便」とは逆の手法である「チャーター便」とは何かといいますと、積み込む荷物は1世帯分で、これを引越し先まで運んでいくというものです。

 

遠距離引越しは、近距離よりどうしても値段が上昇します。そちらを理解した上で、わずかでも割引が適用されてほしい!というのなら、フリー便or混載便の申込、閑散期に申込む、営業への直接交渉等、様々な方法を使って格安引越し作戦を確実に行いましょう。

帰り便とは

ある依頼を終わらせたトラックが、会社に戻る道中に新たに依頼を受けて荷物を運ぶというプランを「帰り便」といいます。旧居と新居が離れていればいるほどお値段も下がります。その一方で、完全に業者次第の手立てですから、それでも構わないという顧客に適した手法ということになります。

朝一便・午前便・フリー便

朝一便・午前便なる引越し方法がありますが、要は一日の最初に行う引っ越し手段のことです。AM8時〜9時スタートが多いですが、荷物の量や目的地を先に業者に伝えておけば、おおよその終了時刻も伝えてくれます。ですが比例して、代金は他と比べても高くなります。

 

「午前便」を説明しますと、引越しスタッフが最初の業務としてこなす案件です。指定した時間に絶対に来るのですから、終了してから他の予定もこなせますが、その分料金が高くなってしまいます。ですから、忙しい方を筆頭に、定められた開始時間を守ってくれる方が嬉しいなあという人には良いですが、引越し開始時間がいつでもいいよ〜、という方にとっては、午後便やフリー便の方がお得だと思われます。

 

フリー便の最大の特徴は、何と言ってもコストがかからないことです!!何もせずとも数万円お安くなる可能性もゼロではありません。ウィークポイントとしては、引越し作業に着手できる時間帯も完全にフリーとなってしまうことです。先発の作業が終わる時刻が遅くなると、フリー便の作業スタートが夜〜深夜になってしまう可能性大なのです。

 

東京、大阪いずれへ引越した後に『あの時、一括見積もりサービスを使って比べておけばテレビが買えたのに・・・」なんて後悔をしないために!

 

 

 

 

 

引っ越し荷物が少量なら、意外にも、宅配便だけ用いて引越すことが可能です。荷物が何キロあるかにもよりますが、費用をかなり低めに見積もってもらえるはずです。しかし、大きい家具やPC等があるとコストがあがるため、ダンボールに全て入る大きさ・量の荷物しかない場合には有効です。

単身引っ越しの料金を節約したい方は、引越し会社に見積依頼を出す前に、運んでもらいたいものをまとめましょう。荷物量もこれでわかりますし、業者が正確な見積金額を計算する手助けになります。とりあえず荷物は多すぎることはないと思われますので、さほど荷造りは時間はかからないのではないでしょうか?
二人で引越す場合、単身パックのような得するプランは少ないです。となると、業者が多忙な時期に頼まない、引っ越し後に家具を買う、要らない物は荷物に含めない、フリー便や午後便の活用、無料一括見積サービスの利用等、ご自身で対策を練ることになります。

東京−大阪の引越し費用@安い業者がわかる見積もり比較はコレ!関連ページ

京都
兵庫
神戸市
和歌山
奈良
滋賀