東京 茨城 引越し費用見積もり

MENU

東京⇔茨城間の引越し テレビCMで有名な業者よりモット安く引っ越せますよ!

面倒だから、他に知らないから・・・というような曖昧な理由で業者に東京⇔茨城間の引越しを頼もうとしていませんか?

 

もしかして図星なら大きな損失をする可能性がかなり高いかもしれません。

 

もし、東京⇔茨城間の引越しの請求金額が「この金額になります」と業者の営業スタッフに金額を出されたら、その値段が適正価格なのかを判断をすることが出来るでしょうか?

 

まずは目安価格を知って、あなただけ損をすることのないようにしましょう!

東京⇔茨城引越しで一人暮らしを始める事になったら

東京から出て地方で一人暮らしを始めるとなるとその距離や荷物に合わせて引越し料金を用意しなければなりません。とはいっても東京から茨城を一人暮らし分の荷物量で引越しした場合は4万円から8万円もあれば十分足りるでしょう。更に業者の選び方は引っ越す磁器によっては更に引越し費用を減らすことも出来るので、引越し業者を探すときは必ず複数の業者の料金を比較して、一番安いところかサービスが充実しているところを選んでお得に一人暮らしを始めましょう。

夫婦で東京⇔茨城間を引越すことになったら

東京から茨城に引越す事になった場合は距離はそれほど遠くないのでそれほど料金は高くならないのですが、引越す人数が増えればそれだけ料金は高くなります。一般的な夫婦の荷物量を想定した場合東京から茨城までの引越し料金は5万円から12万円くらいが相場と考えられており、中にはもっと安く引越すことが出来る業者もある可能性があります。少しでもお得に引越しを行いたいなら必ず複数の業者の見積もりを比較するようにしましょう。

家族揃って東京⇔茨城間を引越す料金の目安は?

家族が大勢いるご家庭は引越しの際その荷物量のおかげで料金はかなり高くなってしまいます。東京から茨城に越してくる場合は距離が短い分多少は安くなりますが、3人以上の家族が引越した際の相場は7万円から20万円とされており、人数が多ければ更に増える可能性もあります。ですが相場よりも安く引越すことが出来る業者もゼロではないので、地道に複数の業者の見積もりを比較することでよりお得に引越すことが出来る可能性も生まれてきますよ。


 

 

 

 

 

複数社の訪問見積もり(逆オークション)の値下げの留意点

引越しの業者を決定する際に、同じ時間に複数社を集めて、価格競争をさせる方もいると聞きます。いわゆる逆オークションというものです。

 

複数社の中から当然最も安い業者が決まるわけですが、それで満足してはいけません。引越し業者の営業マン同士は競合ではあるものの、横のつながりがあり、料金情報を共有している場合があります。もし、訪問見積もりでの見積もりを提示されても、その価格は通常の価格よりもかなり高く設定されている場合があるのです。ですから、最も安い業者に決定しても、実は通常価格と同等になってしまうようなことも考えられます。

 

逆オークションをしてしまいますと、個別の業者にいろいろと相談ができなくなってしまいますので、利用者にとっては不利になることを覚えておいてください。例え1回で業者が決まるという状況を作ったとしても、業者の営業マンの心象を悪くなるばかりです。相手も人間ですから、あまり汚いやり方をしますと逆効果になってしまうのです。

 

ですから、訪問見積もりの際には各業者の訪問時間を若干ずらして、行き帰りの際に顔を合わせるような状態にできれば最も効率的だと思います。万が一逆オークションが成り立つとすれば、営業のノルマ達成に困っているような場合です。できれば、引越しの営業マンと親しくして、あらゆる情報を教えてもらうような状態にすれば、結果値引きも大きくなると考えられます。

 

茨城または東京へ引越した後に『あの時、一括見積もりサービスを使って比べておけばテレビが買えたのに・・・」なんて後悔をしないために!

 

 

 

 

 

引っ越しというのは、週末(もしくは祝日)に行う人が、平日よりも多いのではないでしょうか。後は、入学・就職等ありますので、3月や4月に引越す方がまた多いことでしょう。これを原因として、売上金額に差が出てくる業界、それは引越しの業界です。週末や祝日、また3月や4月はお客様も多く、それに伴い利益も増えるのですが、それ以外の時期ですと頑張っても仕事の数は頭打ちになります。ということは、利益も少なくなりますし、人件費がかかるのみならず、トラックも使えないことに繋がります。それが理由で引越し業界は、仕事に追われるときとそうでないときの差が物凄くあるのです。

 

引越コストの低下が実現した際、どのような展開を迎えるか、聞いたことはありますか?例として、Aさんの引越代が割引された際、収入を別のところから得るため、代わりにBさんの引越代に上乗せしても違和感は感じません。その理由は、引越会社も企業活動をしており、ボランティア団体ではないからです。売上があるからこそ何年も企業活動が続けられるのです。ならば、引越すその日に案件が入っていない業者を発見したのなら、他の人が損することなく低価格にしてくれる可能性もでてきます。

東京−茨城の引越し費用@安い業者がわかる見積もり比較はコレ!関連ページ

栃木
群馬
埼玉
千葉
神奈川
横浜市
川崎市