調布市

MENU

調布市【東京都内の不動産賃貸マンション部屋探しと引越し】

東京23区の西、多摩地域にある東京都調布市は、朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の舞台になった都市です。鳥取県から移り住んだ名誉市民の水木しげるさんとタイアップした町おこしも活発です。市の特徴と、住環境を見てみましょう。

 

調布市にある一番大きな駅は、京王線の調布駅です。新宿駅まで電車で約15分と、都心へのアクセスは良好であり、家賃も都心より安いので住宅地として人気があります。市内にはその他に、仙川駅〜飛田給駅まで8つの駅があります。

 

調布市内の移動には、駅から出る京王バス網が発達しているので、交通の足に困ることはありません。深大寺そばや鬼太郎の家で有名な天台宗のお寺、深大寺にも調布駅やつつじヶ丘駅から発車するバスで行けます。お寺周辺には緑が多く、だだっ広い大芝生やバラ園で知られる東京都立の神代植物公園や、その分園で無料で入場できる水生植物園があります。

 

調布駅前にはファッションビルやスーパーがあります。また、駅を出てすぐの場所には、鬼太郎やネコ娘などのモニュメントが並ぶ天神通り商店街があって観光客に人気です。市内在住者にとっては、都心への通勤通学の帰りにお買い物をできるのが魅力となっています。その他の駅は、東京都内とは思えない閑静な環境にあり、落ち着いた暮らしをしたい人に向いています。

 

人口は約22万人で、東京都内で5番目の人口を有する都市です。調布市は、多摩川を挟んで神奈川県川崎市と隣接しています。この多摩川の河川敷では、毎年8月下旬に調布市花火大会が開催され、各地から見物客が訪れる人気イベントになっています。

 

歴史的には、昭和の戦前や戦後間もない頃は、映画産業が盛んでした。現在でも映画の撮影所など芸能関係の華やかな施設が市内にいくつもあります。

 

東京都内にありながら、緑豊かで落ち着いた環境、文化的な産業の存在、バスが豊富な点で、調布市は住むのに快適な都市と言えます。