八王子市

MENU

八王子市【東京都内の不動産賃貸マンション部屋探しと引越し】

関東山地の一部、高尾山らの山々を西に置き、市の森林面積は8,582ヘクタールと全体の46パーセントを占める緑豊かな土地が八王子市です。高尾山に象徴される、緑豊かなまちです。

 

山間部、またそれ以外での地域でも標高が東京都の中では比較的高く、そして小盆地であることから非常に寒暖の差が激しいという特徴がみられます。八王子市中心部の最低気温は、東京都心と比べ5℃近く低く、夏の最高気温も3℃程高いという数値が出ています。

 

最大の特徴は東京都の市の中で人口が一番多く、その内訳として学生が多いことから若年層の割合が高いです。その反面高齢化も進んでいるという現状も持ち合わせています。1990年では466,347人という人口、それが2,010年では579,799人と増加の傾向をたどっています。

 

八王子市は、文化や伝統、そして古い歴史を持つという一面もあります。その一面が出ているのが大学が多いという事、市内だけで20校以上の大学が設置されています。そして歴史的な文化で言うと絹織物と養蚕業が盛んでした。いまも駅周辺の地区には昔ながらの機織り機で織物をしている所がみられます。昔、丁稚奉公さんが逃げてしまう防止策にお堀が作られており今も残っている箇所があります。

 

では毎日の生活はどのような状況であるのでしょうか。

 

バスが発達しているという印象があり、京王と西東京がカバー率が高く便利です。中央線は立川などと比べると本数が少ないですが、中央本線特急は八王子すべての駅に停車します。八王子駅が利用できる状況にあれば、電車移動はスムーズだという印象です。道路状況は16号はバイパス、旧道共に混雑します。全体的にみても面積が広い為、様々な顔を持つ街です。