東大和市

MENU

東大和市【東京都内の不動産賃貸マンション部屋探しと引越し】

東大和市は多摩地域北部に位置し旧北多摩郡の市です。

 

第二次世界大戦中まで軍需工場のあった市の南部は、戦後GHQに接収されていました。返還後の現在は公有地として公園や公団住宅があります。

 

市の特産品は狭山茶や多摩湖梨、東京リンゴがあります。東大和市に隣接する市は東村山市をはじめ5つのしがあります。市名の由来はかつて政争をしていた6つの村が「大いに和」と言う意味を込めてこの市名に名づけられました。1970年10月に市制施行した際埼玉県和光市と市名が似ていたため、行政の混乱を招かないために「東京の大和市」と言う意味で東京都東大和市として名づけられました。2010年現在の人口は83073人います。国政は東村山を含めた5つの市で構成された東京都20区に属します。

 

主な産業は工業と産業、農業です。行政機関は武蔵村山と管轄する東大和警察署があります。消防は東京都武蔵村山市と管轄する北多摩西部消防署があります。都市ガスは東京ガスで電力は東京電力から供給しています。郵便は武蔵村山郵便局が集配業務を担当しています。友好姉妹都市は現在の喜多方市となる福島県山都町です。公共施設にはハミングホールのある東大和市民会館をはじめプラネタリウムを併設する東大和市立共同博物館があります。

 

また桜ヶ丘市民センターを含め市内には、6つの市民センターを設置しています。教育機関は都立東大和高騰が国交と都立東大和南高等学校の2つの高等学校と第一中学校をはじめ5つの中学校があります。小学校は第一小学校をはじめ10つの小学校が市内にあります。東大和市の観光スポットには、貯水池としてい利用されている市のシンボルの多摩湖があります。戦災史跡に指定されている旧日立航空機立川工場変電所があります。