日野市

MENU

日野市【東京都内の不動産賃貸マンション部屋探しと引越し】

東京都の日野市というと、どちらかといえば日野という名前があまり有名でなく、損をしている気がしますが、実は楽しめるところがいっぱいあり、東京都の中でも、お休みの日にお出かけする有力候補の一つです。

 

高尾山や新撰組、富士山などと日野市は結びつくでしょうか?おそらくほとんどに人は結びつかないでしょう。東京都民の方であれば、新撰組は結びつくかもしれませんが、あとはどうでしょう。では、ご紹介します。

 

まずは、日野市高幡733番地にあるのが、高幡山明王院金剛寺で通称、高幡不動尊です。関東三大不動の一つで、広大な敷地に繰り広げられる自然が四季を通して楽しめるため大勢の方が訪れます。また、多くの人の信仰を集めている関係から、アクセスも整備されており、山の名前が示すとおり標高はあるのですが歩きやすいこともあり、近年は山ガール(若い女性だけではありません)が集まる場所としても有名になっています。

 

さて、二番目は新撰組です。副長の土方歳三が生まれたところが武蔵多摩郡日野郷石田村ということなのです。隊長の近藤勇や沖田総司が剣術の腕を磨いたとされる天然理心流の佐藤彦五郎の道場も日野にあったのです。新撰組そのものについては、人により見方が異なっており、評価も様々ですが、ここ日野では新撰組同好会があり、熱く語る人たちが沢山います。

 

結びは富士山です。実は、日野は多摩川と浅川が市内を横切るように流れており、その河川敷の空はそのまま天に向かっているので、前を遮るものがないのです。ひろびろと開ける川の景色と空なので、富士山を眺めるのに絶好のスポットでもあるのです。秋の終わりには、有名なダイヤモンド富士も拝むことができます。

 

付録になりますが、草花の宝庫でもありますので、いつの季節も人の五感を楽しませてくれます。日野には楽しめるところがいっぱいです。