狛江市

MENU

狛江市【東京都内の不動産賃貸マンション部屋探しと引越し】

東京都の市の中では最も小さい、多摩北部に存在するのが狛江市です。

 

2005年のデータで、埼玉県蕨市、武蔵野市に次いで人口密度が高い市でもあります。年々、人口の推移は上昇しており2010年の時点では78,825人となっています。

 

世田谷区を東に置き、西部、北部と調布市を、そして南は多摩区と面積の大きな自治体に囲まれた地形となっています。街自体は小さいですが、岩戸川緑地公園や次大夫堀公園などといった大小さまざまな公園を有し、自然に触れ合うスポットが大変多いです。多摩川堤防や野川沿いもサイクリングをする人がよく見られます。

 

狛江市は非常に交通アクセスの面が便利であり、人気の居住区の一つと言われます。便利な小田急線沿線にあり、喜多見駅からは新宿駅や下北沢へ直通で行くことが可能です。また乗り換えのスムーズに出来る代々木上原駅などが便利です。

 

また、中央道のインターチェンジまでは車で15分程度、首都高や東名高速も15分程度あれば乗ることが出来ます。コンパクトさゆえの利便性とも言えます。ですが、東京都心まで行かなくても、狛江市の各駅周辺にはスーパーマーケットやドラッグストア、商店街なども充実しており日々の生活に利用するにはちょうどいい規模で使いやすいと好評です。

 

そして急な都市開発のおかげか、街並みがきれいだという印象があります。街並みがきれいな場所は、自然と治安がいいものです。一人暮らしをするには最適だという声も聞かれ、災害マップから安全圏の認定をされていたり、家賃が東京都内では比較的安価という理由もあります。オフィス、工場、学校が少なく、極端な住宅都市であるとも言えます。古墳が点在し、歴史が好きな人には興味深い街です。