東京都内 ワンルームマンション 単身引越し費用

MENU

ワンルームマンション:東京都内の単身引越し費用【安い業者を選ぶ方法はコレ!】

費用:30,000円未満 2月中旬の週末単身引越し 男性50代

評価のポイント

ワンルームマンションの7階への引越しだったがエレベーターにベッドとタンスが入らなかったため契約外の「非常階段を使った1階から7階への搬入」を行ってもらった。それなのに嫌な顔もされず、追加料金も請求されなかった。

業者さんに対して大変感謝しているのが印象的です。評価は満点をつけていますね。

利用した引越し業者:チトセ引越センター その選んだ理由

他の業者に比べて最安ではなかったが、電話の応対がとても親切・丁寧だったので決めた。

業者選びはまずは価格の安さが大切です。ですが最安にばかりこだわるのも問題かもしれませんね。この男性のように安い数社を何社か絞って、その中からサービス内容や応対で最終的な1社を決定することが良いのではないでしょうか。電話の対応の善し悪しに関しては何も引越し業者に限らず、電話の対応でその会社のサービス程度という感じはつかめるものですよね。満足度の高い引越しができるのは大袈裟に言うとプライスレスの感動のようなものを覚えることもあるのです

費用:3万円未満 3月初旬の平日単身引越し 男性20代

評価のポイント

・時間がなく慌てていたが対応が良かった ・家具などの廃棄を前の日に頼んだが快諾してくれた

利用した引越し業者:ライフポーター その選んだ理由

・他の業者と比較して代金が安かった ・電話応対が良かった ・見積もりの連絡が俊敏 ・希望日が合った

引越しは旧生活で溜まりに溜まった不用な品々を処分する絶好のタイミングですが、近年は処分方法の制約が厳しくなり突発的には難しくなりました。そんな時代ですから引越し業者の不要品処分のサービスはとても利用価値の高いものです。見積もり比較の時にはチェックしたい項目のひとつですね。

 

東京都内の引越しを格安で引き受けてくれる業者はココ! >>>Click!!

 

 

 

 

学生さんの引越しの場合

引越し業界にも学生に対しては学生割引のようなものがあったりします。引越し業者は学割プランなどお得になるようなプランを用意していますからそういったものを利用するのも良いでしょう。

 

ただ、それでも学生の引越しシーズンというのは決まって値段が高い時期になってしまいます。いくらお得な学割があるといえ、決してものすごく安くなるわけでもないので、やはり本当に費用を抑えたいのであれば、身軽にしておいて宅急便を利用するなどするのが一番安く引越しが出来る方法です。

 

引越し費用といっても、学生の場合は新しい学校のものを新調したりするのも引越し費用のうちの一つです。どこまでを親に負担してもらえるかなどでも状況は変わってくるでしょうが、できるだけ自分の力で引越しをしたい、節約をしたいと思うのは誰も同じなのではないでしょうか。

 

本当に節約したかったら引越し業者の割引すらも高いと感じてしまう人が多いと思うので、家具の新調などでの出費を減らすために、家具つきの部屋に引越しをすることをオススメします。学生寮がある人はもちろん学生寮が一番安く引越せる方法でしょうが、学生寮に入れない学生も沢山いるでしょう。家具つきの部屋は最近増えてきていますし、安く引っ越せるところも探せるでしょうから、家具つきの部屋を探して家具などの移動がないようにすれば、引越し費用も抑えられますし、新しく新調しなければいけない物も少なくなるので、総合的にも引越し費用がおさえられるというわけです。

 

 

ワンルームマンション:東京都内の単身引越し費用【安い業者を選ぶ方法はコレ!】関連ページ

アパート
3LDKマンション
1Kマンション
2LDKマンション
1DKマンション
一戸建て
1LDKマンション
2DKマンション