学芸大学

MENU

学芸大学【賃貸マンション部屋探しと引越し-東京都内の住みたい街】

渋谷からわずか4つ目の駅である学芸大学は、もう閑静な住宅地の真っ只中です。少し足を伸ばせば、再び賑やかに人の行き交う自由が丘の駅へ行き着くのに、ここだけは、あくまでそこに住む人だけが道を歩いているような、昔からの住宅地といった空気が漂っています。とくに近所を用事のない人が歩いているといった雰囲気がないのです。聞こえてくる声も、近所の人同士の会話であったり、子どもの遊び声だったりすることが多いのです。休みの日も、喧騒とはほど遠い雰囲気にあり、隠れ家的な街としての魅力に包まれています。

 

駅の東側を通っている目黒通りは、インテリアショップが多いことで有名です。店頭にはセンスの溢れる家具や調度品などが飾ってあり、店内ではインテリアデザイナーやスタイリストが目的に合ったものを忙しく探していたりします。学芸大学周辺は、すでに駅前あたりからのんびりしたムードが漂っています。

 

その理由の一つには、人通りが少ないということが挙げられそうです。建物についても、駅前に定番の高層ビルがなく、すでに住宅地の空気感が存在しています。この街を選んで住む人には、自分の田舎の駅に戻ってきたような感覚を覚え、懐かしさのあまり越してきてしまったということがあるかもしれません。学芸大学の住宅街の特徴となっているのは、一戸建ての家が多く、高いマンションビルなどがほぼないといったところでしょう。一戸建ての家には庭もついていることが多く、街全体に緑が溢れている印象もあります。慌しさと無縁の優雅な時間が支配しているのが、この学芸大学の街なのです。