国分寺

MENU

国分寺【賃貸マンション部屋探しと引越し-東京都内の住みたい街】

国分寺駅は、駅自体のスケールとしてはJR中央線のメイン駅である三鷹駅や立川駅などには及びませんが、JRのほかにも西武国分寺線や西武多摩湖線のターミナル駅となっているため、乗り換えなどで利用する乗降客の多い駅となっています。

 

国分寺の歴史は古く、遠く天平の頃に聖武天皇によって建立された武蔵国府寺に名前の由来があります。そして、武蔵国府寺が建てられていた場所は、現在は武蔵国府寺跡として残され、武蔵国府尼寺跡と一緒に国の史跡に指定されています。

 

国分寺は、交通の便のよさとともに買い物についても利便性の高い地区です。
国分寺駅の駅ビルには、レストランからお菓子屋、食料品店、雑貨店などさまざまな店舗が出店している「エル専門店街」入っていて、乗り換え客などの買い物に便宜が図られています。また、駅を出ても昔ながらの商店街があって、ゆっくり時間をかけて買い物をしたいというときは、こちらが利用できます。国分寺は、駅を一歩出てみると、自然の豊かな地であることがわかります。

 

特に、水に関しては、お鷹の道という遊歩道沿いに面している真姿の池をはじめとする湧水群が全国名水百選に選ばれていて、その豊かさが伺えます。水が豊かであるということは、自然そのものが豊かであるという証でもあります。自然環境に恵まれた国分寺は、教育環境にも恵まれているということかもしれません。東京経済大学をはじめ、東京学芸大学、武蔵野美術大学など、多くの大学が集い、静かな環境のもとで学生は勉学に勤しんでいます。