高円寺

MENU

高円寺【賃貸マンション部屋探しと引越し-東京都内の住みたい街】

昭和30年代あたりから続く惣菜屋さんや定食屋さんが軒を連ねる「高円寺純情商店街」。小説の舞台にもなった、住む人に長年愛され続けてきた商店街です。高円寺にはこのような商店街がいくつかあって、いつも賑わいを見せていています。歩いていると気さくに声をかけてくれたり、買い物におまけをつけてくれるような、人情味溢れる商店主が多いのも、ここの商店街が長年住む人に愛されてきた理由の一つかもしれません。商店主と住む人が日常会話を楽しんでいる姿を見れば、初めて東京に住む人も住みやすい街という印象を持つでしょう。

 

そんな街に根づいているのが、高円寺阿波踊り。本場をしのぐほどの盛り上がりを見せ、東京だけでなく、関東近県からも駆けつける人がたくさんいます。商店街の賑わいと誰もが気軽に参加できるイベント開催。地元の人とほかの地域からきた人がうまく融合して発展しているのが高円寺という街かもしれません。もちろん、快適に住むための条件も整っています。

 

賃貸物件は駅から数分のところに多く、帰宅時に充実した商店街が利用できることは、大きな魅力となっています。都心から少し離れた住宅地だけに静かで生活しやすく、しかも交通至便なために、活動しやすいというメリットも生み出しています。

 

最近の高円寺の特徴となっているのが、サブカルチャーの街として注目されているといったことです。ミュージシャンを目指す若者を中心に、新たなムーブメントが湧き起こっているのです。古着屋やライブハウスも増え、売れるためには高円寺に住まなければならないといったことも囁かれるほどです。夢を追う若者の明日を語る姿があちこちで見られるのは、昨今の高円寺の街では珍しくありません。