品川

MENU

品川【賃貸マンション部屋探しと引越し-東京都内の住みたい街】

品川は住みたい街ランキングで男性から支持されている街です。品川はJR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線、京浜急行と多くの路線が通っている利便性が人気につながっているようです。品川は江戸時代に整備された五街道の一つで、日本橋から京都までは五十三の宿場があって、品川は第一宿でした。宿場町として栄え、今の品川駅近く旧東海道沿いのエリアです。現在でも江戸時代と変わらない道幅で、昔の道が商店街として生き残っています。品川宿は品川駅の近代的な感じとは対照敵に神社や古い建物などが残っています。

 

荏原神社は和銅二年(709)に創建された古社です。今の社殿は弘化元年(1844)のものです。荏原神社では毎年、三大祭の創建祭である貴布禰祭と六月には都内唯一の御神面神輿海中渡御が行われる天王祭と十一月には大鳥祭が行われています。天王祭は神輿を担いで海を渡御するためかっぱ祭りともよばれて全国的にも有名ですよね。

 

聖蹟公園は旧東海道を散策するなら寄りたいポイントです。公園はかつて品川宿の本陣があったところです。明治維新の大政奉還のさいには江戸に向かう明治天皇の行在所ともなったところです。公園内には聖蹟の由来などを説明する碑などが複数あります。訪れる区民が多く憩いの場となっているようです。

 

品川神社は北品川宿の鎮守です。鎌倉時代に創建したと伝えられています。今は東京十社の一つに指定されています。六月に開催される例大祭は神輿渡御で有名です。品川神社の裏手には板垣退助の墓があります。側には「板垣死ずとも自由は死せず」を刻んだ碑もあります。

 

原美術館は現代アートの草分けとして昭和五四年に開館されました。建物は東京博物館などを手がけた渡辺仁氏の設計で昭和初期に改修されました。美術館には奈良美智のインスタレーションなど有名作品を多数常設されています。年に五〜六回展覧会の他にイベントも行われます。中庭を望むカフェもあって季節感のあるスイーツや食事がいただけます。

 

品川は歴史を語る場所がたくさんある街です。足を伸ばせばまだまだ古の面影が見られます。