新小岩

MENU

新小岩【賃貸マンション部屋探しと引越し-東京都内の住みたい街】

新小岩というエリアは、電車利用にたいへん有利なエリアになっています。JR総武線・JR横須賀線が停まり、東京駅までは直通で15分あまり、お茶の水駅でJR中央線快速に乗り換えると新宿駅まで25分ほどという、アクセスの良さがあるのです。そのため、昔から都心に勤める人のベッドタウンとして発展してきました。

 

電車の通らない頃は田園地帯が広がり、湿地も多かったために、水路を利用して暮らすような田舎といった雰囲気のところでしたが、1928年に総武線が開通してからは、東京の東部では重要な街へと変わっていったのです。

 

新小岩を通るJR総武線は、西へ向かって秋葉原方面へ出ると、そのまま新宿や中野を経て三鷹までたどり着きます。逆に、東へと向かえば千葉まで足を伸ばすことができます。そして、JR横須賀線も通じているために、神奈川の海と千葉の海が結ばれています。新小岩駅は、通勤に行楽に利用できる交通アクセス抜群の駅となっているのです。

 

まさに、駅とともに発展してきたのが新小岩。電車は生命線ということができます。新小岩の駅周辺には、再開発の計画が目白押しで、すでに一部は進行しています。近い将来、さらに発展するのはほぼ間違いないところです。すでに進行している再開発計画は、交通広場や南北自由通路、自転車置き場、駐車場の整備などについてです。

 

特に、JR総武線で分断されていた駅の南北が連絡通路で繋がれることで、駅の南北が融合しながら発展していくはずです。じつは、新小岩駅の駅の北と南では、まるで違った発展の仕方をしています。南口には、現在24時間営業の西友やアーケードとなっている商店街、銀行などいろいろな施設が集まっていますが、反対に、北口のほうは大規模な運動公園があるだけなのです。南北自由通路で繋がることで、駅の北側に住んでいる人は手軽に商業施設が利用できるようになり、南側に住んでいる人たちは、気軽に憩える場を持つことができるようになるのです。