東京23区

MENU

東京23区の不動産賃貸マンション部屋探しと引越し

 

 

東京都23区の中央区は隅田川や日本橋川、亀島川などの水路が魅力の地域です。東海道の起点であり、日本国道路元標が置かれている日本橋は、1912年竣工の石造りアーチ橋です。中央区の日本橋地区には、かつては魚河岸が置かれていた名残で、現在でも鰹節や海苔などの水産加工品を売っている名店が多く残っています。東京都23区がある場所は、もとは武蔵国の一地域で徳川家康が入府してきてから大規模な土木工事を行って現在...

東京都23区、台東区上野、と聞くと、どうしてこのように心おどるのでしょうか。上野駅界隈は、東北地方からは、働き手の玄関口として、また、千葉県方面からは豊富な魚介類や、新鮮な野菜類を都心に運ぶ重要な拠点として栄えた街であるとの認識です。そのような背景にあって、この街に欠くことのできないのが「アメ横」の存在であると思えるのです。東京都23区には、様々な商店街があって、台東区上野は、なぜ、人々が「心おど...

世田谷区は東京都23区の城南地区に位置しております。東京都23区の中で最も人口が多く80万人を超えております。この人口は島根県や鳥取県の県民の人口よりも多くなっており、政令指定都市なみの大変多い人口となっております。かつては世田谷区が大田区よりも面積が広く、東京都23区の中では一番大きかったのですが、大田区は羽田空港など埋立地によって世田谷区を逆転して現在では、大田区が東京都23区の中で一番大きい...

東京都23区の墨田区は、岩淵水門によって荒川から分流した隅田川の左岸側から、荒川の右岸にかけての地域です。区域の中心には、荒川放水路の開削によって分断されてしまった旧中川が流れています。墨田区の地形は、ほとんどが隅田川や荒川沿いの低地ですから、極端に急な坂道や崖はありません。墨田区は東京都23区の中では、古くからの下町として有名です。木造家屋が密集した独特な景観を作っている場所でしたが、1945年...

東京都23区のほぼ中央に位置している千代田区は東京都の都心を構成している区のひとつで、その名の由来は江戸城の別名であった千代田城からその名をとっています。千代田区は古くは徳川幕府が成立った時代から現代にいたるまで400年余り、日本の政治や経済、文化の中心として重要な役割を担ってきました。千代田区には中央に皇居があり、その面積は千代田区の約15%を占めています。そのほかにも国会や首相官邸、中央省庁や...

武蔵国に存在した足立郡は、大半の地域が現在は埼玉県となっていますが、明治維新後に東京府内であった場所の多くは後に東京都23区の足立区となりました。地形は概ね荒川沿いの沖積低地となり、台地や丘陵地などの高台はありません。平坦な土地は江戸時代から現代に至るまで下町と呼ばれる庶民の住宅街として、多くの人が暮らしてきました。足立区内には古墳時代の遺跡が残り、西新井大師という古刹があります。旧足立郡の鎮守で...

荒川区は、東京都23区のなかでも北東部に位置します。南に隣接する台東区、東に隣接する墨田区があります。北側には荒川区、西には文京区に囲まれています。荒川区の町丁数は52あります。これは東京都23区のなかでも町名の数がもっとも少ない地域です。主な地名には、町屋と荒川、西尾久があります。また西日暮里、東尾久、南千住があります。荒川区北部には墨田川があります。ナンバープレートは、東京陸運局の「足立」ナン...

東京都23区の北西部に位置する板橋区は、ほぼ全域が市街地になっていますが、昔からの工業地帯も残されている多様性のある地域です。この地域に付けられた板橋という名称は、平安時代にこの地域を流れる石神井川にかけられていた板橋が当時としては斬新で珍しかったので、そのまま地名になったと言われています。板橋宿は江戸四宿のうちのひとつに数えられていた大きな宿場町で、それぞれの藩によって屋敷が置かれていて、当時の...

東京都江戸川区は、東京都23区でも最も東に位置する区で、北は葛飾区、西で墨田区と江東区、東は千葉県浦安市・市川市・松戸市と隣接しています。江戸川区の南部では、東京湾に接していて、近年は急ピッチで埋立が進められました。その結果、江戸川区南部は他の地域とは少し違って、新興住宅地の並ぶ高級感ある街並となっています。区の広さは東京都23区の中では4番目に広く、比較的緑や川などの自然が多く見られる伸び伸びと...

東京都23区のいわゆる、城南地区に大田区は位置しております。大田区は東京都23区の中で最も広い面積を誇ります。大田区の名前の由来は、かつての大森区と蒲田区がくっついて大田区になりました。東京都23区の中でも暮らしやすい地域としても知られています。区内は調布地区、大森地区、蒲田地区に大きくわけると3つに分かれます。調布地区は田園調布でもおなじみで、高級住宅街のイメージが強いです。大森地区はかつては区...

東京都23区の中でも、葛飾区というのは下町にも属しているわけですが、比較的広い公園が多いところでもあります。やはり、東京都23区となりますと土地がないところもありますし、アスファルトで囲まれているところも多いのですが、葛飾区は緑も多く街並みとしても子供を育てるのに適しているところといえるでしょう。また早くから公立の小中一貫校モデルなども作っていますし、土曜授業が行われている日が結構あったりというこ...

東京都23区の杉並区は都心でありながら緑が多いところとも言えます。ところどころに大きな屋敷や公園があるからです。保護樹林となっているものも度々みかけます。善福寺池では上の池と下の池という大きな池が二つあり、その周りを緑の木々が覆います。神社やお寺にも大きいものが多いです。ここに住むのであれば、こうした公園や神社仏閣のそばを狙うと自然を楽しむことができます。杉並区は東京都23区内の中でも子育てがしや...

東京都23区において、豊島区は近代になって急速に都市化が進んだ場所の代表的な存在です。もとは農村であった場所ですが、明治時代になって鉄道が開通すると交通の要衝となって池袋駅を中心とする大繁華街が築かれました。1923年に発生した大正関東地震によって東京の下町が大被害を受けたのですが、武蔵野台地の上にある池袋周辺では被害が軽微で、震災の後は豊島区へ移り住む人が増えました。東京都23区でも特に地盤がよ...

東京都23区のひとつ、中野区には中央線と丸ノ内線が通っています。中央線が止まった時には丸ノ内線が使えるので便利です。東京都23区の新宿にもすぐに出られるので通勤が楽だというサラリーマンも多いです。東京都23区内では家賃がわりと安いのも魅力の一つです。中野区は都心の通勤が楽で適度に都会であるところとして人気です。最近は駅前が再開発され、とてもキレイになりました。大学も続々とオープンしています。ますま...

東京都23区の西部に位置する練馬区は、東京都23区の中でも最も新しく誕生した区です。1947年板橋区から分区し現在の練馬区になりました。これは区役所から遠いという不便さが要因で分区したものです。人口は2010年現在で716384人で世田谷区に継いで多いですが、世帯数は23区のなかでも最も少ないです。男性の平均年齢は81.2歳です。年平均気温は15度ですが、近年1日の最高気温が30度以上超える日が増...

東京都23区では、山手線内で落ち着いた住宅地が多いのが文京区です。かなりの広域になるので、範囲を見てみると、意外と思う人もいることでしょう。この地域には、かなりの多くの大学があります。日本の最高峰といわれる東京大学や順天堂大学の医学部があるのは本郷、東京医科歯科大学があるのは、御茶ノ水の駅近くの湯島、そしてお茶の水女子大学があるのは大塚、日本女子大学があるのは目白台、日本医科大学があるのが千駄木に...

東京23区に位置する荒川区は、南北に長く面積は23区のなかで11位になります。隣接する地域は、北部には埼玉県川口市と戸田市、東部に隣接する足立区があります。西部に隣接する板橋区と南部に隣接する文京区と豊島区があります。人口は2010年現在335623人です。夜間人口は330345人で昼間人口の0.93倍の人口になります。幹線道路は、明治通りと「環七通り」と愛称で親しまれる東京都道318号環状七号線...

江東区は東京都23区の南部で東京湾に接している地域です。ほとんどの土地が埋め立てによって形成された人工の地形です。現在は荒川の本流となっている荒川放水路は、大規模な治水工事で生まれた人工河川です。荒川放水路が開削されたことによって、昔からの自然河川であった中川は分断されて、新中川が開削されました。江戸川にも放水路が開削されたことにより、元の流路は旧江戸川となりました。旧江戸川は江東区と浦安市との境...

東京都23区の港区は、武蔵野台地の東端の部分から、海岸沿いの埋め立て地までの起伏の激しい地形が特徴の地区です。江戸城から見るとほぼ南側に位置していて、高台が豊富にあることから、六本木あたりには昔は大名屋敷が密集していたのです。港区には、東京都23区内にある自然の山としては最も高いとされる愛宕山がそびえています。まわりは平坦な土地であるにもかかわらず、愛宕山だけが突出しているため、かつては人工の山で...