中央区

MENU

中央区【東京23区の不動産賃貸マンション部屋探しと引越し】

東京都23区の中央区は隅田川や日本橋川、亀島川などの水路が魅力の地域です。東海道の起点であり、日本国道路元標が置かれている日本橋は、1912年竣工の石造りアーチ橋です。中央区の日本橋地区には、かつては魚河岸が置かれていた名残で、現在でも鰹節や海苔などの水産加工品を売っている名店が多く残っています。

 

東京都23区がある場所は、もとは武蔵国の一地域で徳川家康が入府してきてから大規模な土木工事を行って現在のような都市の原型が作られました。中央区内を流れる日本橋川は、江戸城の外濠としての機能を持っていましたが、同時に水運を行うためにも重要でした。

 

現在の隅田川の第一橋梁(最下流の橋)は、1940年竣工の勝鬨橋となっていますが、勝鬨橋が出来る前は1926年竣工の永代橋が最下流の橋でした。現在は、勝鬨橋の下流に新しい橋が建設中ですから、隅田川の第一橋梁も入れ替わることになります。徐々に隅田川最下流の橋が南へと移動しているのは、長年にわたって河口部で埋め立て工事が行われてきたからです。

 

永代橋の南側にある月島や佃島も、江戸時代から明治時代にかけての埋め立て工事で誕生しました。佃島ができたときには、摂津国からの漁民が移り住んで、さまざまな漁師文化を伝えました。佃島といえば佃煮が有名で、江戸時代からの名物となっています。

 

東京都23区の中でも特に水運に恵まれる中央区はウォーターフロントという都市構想を掲げて、隅田川の親水事業にも力を入れてきました。水上バスの運航も盛んに行えるようにして、観光客を誘致する取り組みが行われています。隅田川の両岸に設けられた遊歩道からは、夜にはライトアップされる震災復興橋梁の夜景が一望できます。日本橋川が隅田川に合流する付近には梯子のような形をした豊海橋があり、永代橋との対比が美しいものです。

中央区【東京23区の不動産賃貸マンション部屋探しと引越し】関連ページ

台東区
世田谷区
墨田区
千代田区
足立区
荒川区
板橋区
江戸川区
大田区
葛飾区
杉並区
豊島区
中野区
練馬区
文京区
北区
江東区
港区