東京 福岡 引越し 費用

MENU

東京⇔福岡間の引越し 格安業者が分かる方法がコレなんです

東京⇔福岡間の長距離引っ越しで気を付けること

九州から関東(その逆の関東から九州)に引っ越しをするとなるとかなりの距離になってしまいますよね。とはいえ福岡⇔東京間の引越しは珍しいことではなく、頻繁に行われている区間であると言って良いでしょう。そうしたときに気を付けなければならないことはどのくらいの費用が掛かるのかということを知っておくことです。長距離引っ越しというのは費用がかなり高くなってしまうため少しでも安くしたいと思っている方は多いはずです。少しと言っても数万円単位で料金が変わることがあるので、とても重要なことになります。

家族構成の相場の違い

東京⇔福岡間の引っ越しの料金というのは家族構成によって大幅な違いが出てきます。単身の場合は安くなりますし、家族の場合は高くなっているのです。九州から東京までの引っ越しの相場は単身ならば10万円前後、家族ならば30万円前後となっているのです。もちろん荷物などの量によって安くすることができますし、業者選びをしっかりとすればさらに安くすることも可能となっているのです。そこで、見積もりをして決めるようにするといいでしょう。

一括見積りで比較をする

東京⇔福岡間の引越しに際して、より安い引っ越し業者を選ぶならばやはり見積もりをしてもらうというのが確実になると思います。特にインターネットなどを利用すれば一括見積もりサイトと呼ばれているサイトがあるのです。こういった方法を利用すれば簡単に見積もりを行うことができるようになっていて確実に安い業者を探せるというわけです。細かな部分などを比較していけばどこがいい業者なのかというのが自分の目でわかるようになるので、こうした方法で業者選びをしましょう。


 

 

 

 

 

 

 

引越料金の値下げを頼みたいとき、「A社は御社より見積額が安かったなあ」という感じで、別会社の話をすると楽にできます。ただ単に安くしろと叫んだとしても、あまり意味はありません。同業他社による価格競争に持ち込みましょう。

 

引っ越し費用の値下げが実現可能な、無料一括見積もりサイトというものがあるのですが、入力を1回済ませたら、何社かの業者に見積もりを依頼できます。サイトから申し込まれたことは、会社も知るところです。そのため、はじめから競合他社の存在を意識し、なかなかのお得料金で見積を出す会社が結構あるのです。

 

初引越しというのは、心配事も多々あると思います。とりたてて希望がないまま適当に引越業者を探した結果、相場より高い値段がかかる可能性もあります。慌てず騒がず、無料で使える一括見積サービスを使い、提示された見積額の中から、価格の低い引越し業者を探り当てましょう。

 

引越し料金というのは、平日と土日で変わりますので、不都合でなければ、平日引っ越しを推します。週末の方が、引越し依頼が入りやすいですからね。業者の都合を鑑みても、週末よりも平日の方が、案件数は減りがちです。トラックを使わずにいたり、暇な従業員を増やさないためにも、値下げをしてでも平日の案件を増やしたいのです。

東京−北九州市 関東と九州の遠距離引越し価格の最安値は?

東京−北九州市の間を引っ越す予定があるなら少しでも価格が安い業者にお願いしたいですよね。

 

しかし、そうは言ってもそうそう頻繁に長距離の引越しをされているような方でなければ、東京と福岡県の引越しではどのくらいになるのか?値段の目安や相場の見当がつきづらいのではないでしょうか。

 

『まあ引越し業者なんてどこでも同じだろうから、聞いたことがあるここでいいかな・・・』というような曖昧な理由で頼もうとしていませんか?

 

ひょっとして当たりなら大損する可能性が相当に高確率となります

 

なんとなく訪問見積もりを頼んでしまって、やってきた営業担当から「この価格になります」と提示された東京−北九州市間の見積もり料金を、妥当なのか?高いか?安いのか?の判断を下すことは難しいですよね。

 

東京−北九州市間の引っ越しで掛かる金額は

  • 単身で8〜20万円
  • 2人世帯規模で8〜20万円
  • 夫婦・子ども2人程度で10〜35万円
  • 3世代のような世帯規模で15〜40万円以上

ほどを一応の目安と考えて良いでしょう。ただしこれは平均的な金額と考えてください。

 

一人暮らしの方でも物持ちであったり、反対に家族引越しであっても引越し先で家具や家電を揃えるので荷物はあらかた処分した場合など、個別の状況で引越し料金はずいぶんと変わってきます。

 

また、引っ越し会社の価格は3月から4月にかけて動くことがよく知られるところです。入学・就職などで桜の季節に新生活に向かいますが、こんなふうに申し込みが集中する時期には料金がつり上げられる(?)のです。引っ越し価格は定価ではないのです。

 

東京⇔北九州の長距離引越し 安い料金の業者を探すにはコレ!

予定している東京−北九州市間の引っ越しを格安にするには絶対に一括見積もりサービスを利用しましょう。

 

利用料金は無料!ほんの少しの手間で全国的知名度の大手と地域密着の中小の会社から予定している日時の見積もりが取り寄せられますのでとても便利です。

 

サービス登場以来、のべ2千万件の紹介実績。使わない選択肢はあり得ない優れたサービスとしてリピートされています。

 

東京⇔北九州市の引越しで最安価格の業者の値段を知るにはコレ! >>> Click!!

 

 

引っ越しが終わった後に冷静になってかかった料金を見直してみると、もう少し安くできたかもしれないと後悔したという話を耳にすることも少なくありません。

 

料金体系が複雑ですので、どのようなサービスがどの程度まで受けられるのかという細かな点まで見比べるのには時間がないというのも一つの理由です。そのために、引越しが決まったらすぐに複数の業者を比較検討して、見積もりを出してみるという作業を行うことが得策であるといえるでしょう。

 

関東と九州間という遠距離の引っ越しですから、場合によっては数万円から十万円前後の差が発生することもあります。また、プランや時期によっての違いもありますので、自分が希望する作業内容をキチンと決めておくということも大切です。比較的余裕があるのであれば梱包や荷解きを自分で行い、運び出しと運搬だけを引っ越し業者に依頼するということで料金を抑えることが可能ですし、予算に余裕があれば梱包から開梱まで全部をおまかせするというプランで自分は一切ノータッチというぜいたくな引っ越しも良いでしょう。

 

いずれにせよ、希望する引っ越し内容を予めシミュレーションをしておき、インターネットの比較サイトを利用して各引っ越し業者の見積もりを取ってみることからスタートしましょう。

 

 

週末や祭日に引越すよりも平日の方が費用が掛からないことが少なくありません。祝祭日も平日と同じ価格だとしている地元業者もありますが、問題はその平日料金が高くはないのかどうかが問題ですよね。それをハッキリさせるためにはなるべくたくさんの業者の東京−北九州市間の見積りを入手して掛かる費用を見比べてみるのが唯一、正確な方法となります。

 

単身・ひとり暮らしの方でも家族世帯と同程度の家財道具がある方はベッドや大きなタンスなどを引越し荷物に加えたい人は単身引越しパックを使うのは向かないと考えてください。

 

テレビのCMで頻繁に流れて知られたサービスとなった日本通運(日通)のワンルームパックは運搬距離が30q以内で引越し作業時間が4時間以内とされています。残念ながらワンルームパックは、東京−北九州市間では利用出来ません。

 

単身者向けとして知名度の高いサービスに単身パック(各業者によってネーミングが変わります)の知名度が高いですが、単身の引越しであるからと言って、絶対に単身引越しパックを利用するのが間違いないわけでは決してありません。トラックやコンテナに積載可能なサイズの専用ボックスに入るだけの荷物を押し込むサービスが単身用のパックとなりますが、思ったよりも荷物が多く、1ボックス(パック専用)に荷物が入りきらず溢れる場合にはもう1基(さらには2基)専用のボックスが必要になり、料金×2になってしまうのです。こういうこともあるので単身パックは万能ではないことを覚えておきましょう。

 

これから行う東京−北九州市間の引越しにおいて「最安価格の業者はどこなのか?」知っておくべきです。

 

もし「アート引越センターで引っ越したい!」と決めていたとしても、他の業者の格安料金を知っておけば「A社では3万円安い値段なんだけど・・・」と見積もりに訪問に来た依頼するつもりの業者のスタッフにひとことだけでも言うことによって、苦手な人でも値段の交渉が出来てしまいます。

 

長距離引越しを考えている方にお勧めしたいのは、近隣に引越す人達の荷物をまとめて運搬する混載便サービスというものです。まずは業者の荷物保管倉庫にて、引越し先がそこそこ近い人たちの荷物を一括でまとめ、トラックもしくはコンテナで積荷をそれぞれの目的地まで輸送します。このようにすると、コスト削減が実現できるのです。わかりやすくまとめるなら、「1台のトラックに、何人かの荷物をまとめた方が、一人あたりの料金が安くなるよね!」というシステムなのです。

 

「フリー便」なるものですが、実際に伺える時間は、業者が伝達した時間帯の幅で最も遅い時刻だと思ってください。依頼者に伝えておく時間がシャレにならない遅さですと、それが原因で契約失敗!ということもありえます。だから引越し業者は、意図的に幅を持った時間帯を教えるのです。お昼過ぎくらいまでに訪ねることも実際にありますので、嘘をついているわけではないですしね。

 

引越しの手段の1つに「チャーター便」があげられますが、ドライバー付のトラックが「チャーター」できるサービスです。こちらは原則、「引越し先まで荷物を輸送してもらう」というだけなので、家具家電等の荷物梱包は勿論、荷物をトラックに搭載することも、基本は自分で、もしくは家族・友人などが手伝って行います。

 

引越でダンボールを使う際、どこで調達しますか?買うと意外と高いです。引越で使えるものとなると、1枚200円前後はします。「引越し会社のオプションサービスで無料になるよね」とお考えの方もいるかもしれませんが、100%決まったわけではありません。もしそうなら、ほぼ100%段ボール代も込みの料金です。ですから、段ボールを業者の手を借りず集めるなら、その方が良いですよ。

 

引越会社へ依頼をする際、追加サービスも一緒に頼もうとする人もいることでしょう。料金がかからないケースもあるのですが、お金がかかる確率の方が高いので、引越費用を極力低価格にしたいのであれば、極力、追加でお願いする作業をなくせるよう頑張ってみましょう。

 

引越で言う「おまけ」とは3種類があります。まずは、見積りを取ると業者がつけてくる米等の品物です。続いて、料金の値引きです。それから、料金値引きはできなくとも、代わりに清掃等のオプションを付けるというタイプです。

 

 

引越し時に行うガスの利用停止・利用開始手続きですが、引越しの1週間くらい前までに、地元のガス会社宛に新居に移る日を伝達します。当日になったら、ガス会社の方が来てくれて、メーターを確認してからガスを止めます。新居についたら、指定した日にガス会社の者が新居をたずね、ガスの使用開始処理(開栓)を行います。その上、ガス機器や警報装置の安全も確認してくれます。どちらも顧客の立ち会いが要るのは避けられません。

 

引越しで電気の使用を停止する際は、特に立会はいらない場合が大半です。電力会社への連絡の際、「ブレーカーを退去する前に切っておいて下さい」なる指示を受けます。落としてから最終の検針があり、料金を日割りで請求するという流れになります。引越した先での電気利用ですが、玄関先にあるはずの葉書を使って行う方法をとる人も多いです。

 

現代において、固定電話を導入しているお宅は減少しているようです。ですが、まだまだ利用者がいるのが現実です。引っ越しのタイミングを狙って、固定電話とお別れし、新しくスマートフォンに変更してみてはどうでしょう?転居先住所に電話専用の回線を設置というのも面倒ですし、スマートフォンならば、通話も可能ですし、ニュースを見ることができるようになるので、便利になります。
引っ越しが終わった後、NHKにも住所変更の連絡が必要…と考える人もいることでしょう。しかし、意識して連絡することは全くないです。どうして特定の方を向いた報道が大勢を占めるNHKに、受信料を払わなければならないのでしょうか?転居した旨を教えてあげる必要はありません。そうはいっても…なぜか引越し情報を入手したNHKが訪ねてくるため、無意味かもしれませんが…。

東京⇔福岡間の引越しが会社負担の場合

引越し費用を会社が負担してくれる場合は、引越し費用はタダということになります。引越し費用がタダになるということで、頑張って安い引越業者などを探しながら比較してということはないかもしれませんが、引越し業者を自由に選べる場合は信頼の出きるところを選ぶようにしましょう。質の高さで決めてしまっても良いと思います。

 

会社によっては引越し業者を指定していたり、プランなども決めている会社があるようです。自由に決めてよくでも全額負担ではない会社などもあるようですし、その辺はきちんと確認しておくようにしましょう。引越し費用と一言でいってもどこまでが対象の範囲になるか難しいところでもあります。引越し前に事前にきちんと確認しておくことでトラブルをさけることもできますから、しっかり確認しておきましょう。

 

全額負担してくれてどこの業者でも構わないと言われたとしても、業者選びはきちんと行うべきです。自分の大切な私物を守るためにも、万が一の際のトラブル対処をスムーズにしてもらうためにも、できる限り自分でリサーチして質の高いサービスを提供している業者を探すようにしましょう。

 

このリサーチや業者選び、見積り作業を怠ると、トラブルにもなりかねませんし、後々面倒なことになるよりはきちんとしておいた方が良いでしょう。引越しはもちろん安くすませるに越したことはありませんし、会社負担であればなおのこと良いのですが、お金がかからないからといって気を抜かないようにしましょう。

 

福岡であるいは東京で、引越した後に『あの時、一括見積もりサービスを使って比べておけばテレビが買えたのに・・・」なんて後悔をしないために!

 

東京−福岡の引越し費用@安い業者がわかる見積もり比較はコレ!関連ページ

佐賀
熊本
大分
宮崎
鹿児島
東京−沖縄